肌に良いコスメ【肌に優しくルンルンミネラル】

虫から体を守る

虫よけ効果があるアロマ成分

夏場や熱い季節になると、蚊や虫が多くなり虫さされに悩まされることがあります。特に小さなお子さんがいる方は、子供が虫に刺されないよう対策します。その対策方法として多く使用されているのが市販の虫よけスプレーです。虫よけにはスプレータイプやジェルタイプ、時計のように腕に装着するタイプなど様々な虫よけ商品が販売されています。健康に気遣うママであれば、市販のものだと化学薬品が含まれているのが嫌で、天然成分の含まれているアロマ系の虫よけ剤を好んで使用している人もいます。アロマ系の虫よけ剤はどのような効果があるのか紹介していきます。

なぜアロマが虫よけ効果が高いのかというと、アロマは植物から製法されます。植物は動いて外的から身を守ることができないため、虫が嫌いな匂いを放ち身を守っているのです。その効果を利用したのがアロマ系の虫よけ剤なのです。アロマの種類は沢山あり、それぞれ天敵である虫の種類が違います。そのため予防する虫の種類によってアロマ成分もちがってくるのです。

一般的に虫よけ対策としてされている虫に「蚊」がいます。蚊にさされすぎたりすると、健康被害を招く可能性もあることから、蚊から身を守るよう殆どの人は対策をしています。蚊にも、嫌いなアロマの匂いがあります。それは、ラベンダーやレモングラス、ゼラニウム、レモンユーカリといわれるアロマオイルです。これらの香りは蚊が苦手としていることもあり、虫よけ成分として多く使用されています。もちろん天然素材なので、自分で虫よけスプレーを作ることもできますが、他種類のアロマを揃えるのは難しいです。販売されているものであれば、様々な種類のアロマが使用されているので虫よけ効果を期待することができます。

↑ PAGE TOP